読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

OneDrive for Business と OneDrive の比較

OneDrive for Business と OneDrive どちらがいいかと聞かれたので、ちょっとご紹介を。

つい先日、 OneDrive for Business の新機能についての発表がありました。

The browser experience in OneDrive for Business gets a makeover | OneDrive Blog

先行リリースのテナントでは即日、その他のテナントでも数ヶ月の間には適用されるようです。僕のテナントでは既に有効化されていました。

見た目

今 OneDrive for Business を開くとこんな感じです。

f:id:kazuakix:20160320231836p:plain,w500

ちなみに OneDrive だとこんな感じ。

f:id:kazuakix:20160320231959p:plain,w500
ほぼ一緒ですね。
 

ファイルの選択

マウスで複数ファイルを選択したり Ctrl+A で全選択できるようになっていました。

f:id:kazuakix:20160320233444p:plain,w500

選んだファイルをマウス操作で移動することもできます。

f:id:kazuakix:20160320233537p:plain,w500

これも OneDrive と一緒ですね。
 

操作メニュー

何かファイルを選んだときのメニューも大体一緒です。

OneDrive for Business と

f:id:kazuakix:20160320232132p:plain,w500

OneDrive

f:id:kazuakix:20160320232150p:plain,w500

OneDrive にある埋め込みはちょっと便利な機能ですね。もちろん OneDrive for Business でも可能ですが、ちょっと面等な手順が必要になります。

フォルダや複数ファイルを選んだときのメニューにも違いがあります。

OneDrive for Business

f:id:kazuakix:20160320232611p:plain,w400

OneDrive

f:id:kazuakix:20160320232631p:plain,w400

OneDrive だとフォルダや複数ファイルをダウンロードすると zip で圧縮してくれるのですが、OneDrive for Business ではまとめてダウンロードすることはできません。これだけは地味に不便です。何とかアップデートで対応して欲しいですね。
 
ちなみに複数ファイルのアップロードについては OneDrive for Business でも OneDrive でも可能です。但しこれはブラウザの機能に依存するので、現状 Chrome だけで可能です。

f:id:kazuakix:20160320233104p:plain,w500
このあたりの不便さは OneDrive 用の同期クライアントを使うことで補うことができます。同期クライアントは OneDrive for Business と OneDrive で同一なのでできることも同じになります。


共有

共有機能も同じような感じです。

OneDrive for Business では同じテナント内のユーザーへの共有設定の他、外部ユーザーに公開する URL の作成をすることができます。有効期限の設定は OneDrive にはない機能ですね。

f:id:kazuakix:20160320234508p:plain,w500

OneDrive は基本的には公開用の URL を作るだけです。作った URL をメールしたり Facebook や twitter で告知したりできる機能は便利そうですね。

f:id:kazuakix:20160320234516p:plain,w400

とまぁこんな感じで、両者でできることはほぼ同じになっています。

実際、僕自身は OneDrive for Business がメインで特段困ったことはありませんが、個人で使うという切り口では OneDrive から移行するメリットは少ないかもしれません。OneDrive for Business 単独ではなく、Exchange Online 等とセットで利用を検討するのがいいと思います。