読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Azure モバイル サービスの準備

ある意味特定の人向けな内容ですが、Azure モバイル サービスの準備をしていきます。

モバイル サービスの作成

まずは Azure ポータルから モバイル サービスの新規作成を行います。

f:id:kazuakix:20141229233357j:plain,w360

名前は適当につけて、データベースは「無料の 20MB SQL データベース」、地域は「日本」、バックエンドは「JavaScript」とします。

f:id:kazuakix:20141229233413j:plain,w360

バックエンドは「.NET」か「JavaScript」かによってお手軽さが違ってきます。


今回は手軽さ重視で「JavaScript」とします。

プロジェクトの修正

続いてNuGet で「MobileServices」と検索し、接続するために必要な「Windows Azure Mobile Services」をインストールします。

f:id:kazuakix:20141229233429j:plain,w500

例によって複数形の s を忘れないであげてください。(毎回悩む人がここにいます)
 
データベースが作成されるとポータルに接続のための情報が表示されます。このままコピーして App.xaml.cs に貼り付けます。

f:id:kazuakix:20141229233436j:plain,w500

public static MobileServiceClient MobileService 
    = new MobileServiceClient(
    "https://xxxxxxxxxx.azure-mobile.net/",
    "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
);

以降はこの App.MobileService を通じてデータを操作できます。

テーブルの作成

最後にモバイル サービスに保存したいテーブルを作成します。

f:id:kazuakix:20141229233452j:plain,w360
f:id:kazuakix:20141229233501j:plain,w360

指定するのはテーブル名だけで大丈夫です。列は指定しなくていいの?と思ってしまいますが、バックエンドが JavaScript の場合 保存時に足りない列があれば自動的に追加してくれるようです。開発中はこちらの方がお手軽でいいですね。