読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Outlook Web App で OneDrive のドキュメントを共有する

Office 365

Outlook Web App でメールを書こうとしたところ、こんな表示が出ていました。

f:id:kazuakix:20141119234225j:plain,w400
 
添付メニューが「添付ファイルまたは OneDrive のファイル」に変わっていますね。

f:id:kazuakix:20141119234231j:plain
 
押してみるとこんな感じ。「コピーは不要です」というキャッチコピー、同意です。
あと 当然ですが、OneDrive といっても for Business の方になります。

f:id:kazuakix:20141119234502j:plain,w500
 
「OneDrive で共有」と「添付ファイルとして送信」を選ぶことができますが、当然 共有を選択します。

f:id:kazuakix:20141119235517j:plain,w400
 
共有したファイルには「受信者は編集できます」と表示されています。
編集されると困る場合は、...マークから「権限の編集」を選ぶことで権限を切り替えることができます。

f:id:kazuakix:20141120000424j:plain
 
ファイルの権限を見ると指定した相手に対して自動的に共有が設定されている事がわかります。共有された相手は Office 365 アカウントまたは Microsoft アカウントでサインインすることで SharePoint 上のファイルを編集することができるようになります。

f:id:kazuakix:20141119234258j:plain,w500

Outlook.com でも同じように OneDrive のファイルを共有することができましたが、あちらが共有するためのリンクを生成する方式なのに対して Outlook Web App では相手を指定することができるという利点があります。共有先を限定したいときにはこちらの方が安心ですね。