読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Windows App Studio で作ったアプリを Windows Phone エミュレーターで実行する

ブラウザだけで Windows Phone アプリを作ることのできる Windows App Studio が日本語に対応したというので試してみました。


アプリを作ってみる

まずは http://appstudio.windows.com/ja-jp にアクセスしてアプリを作ってみます。

f:id:kazuakix:20141017232818j:plain,w500

少し文字が大きいような気もしますが、ちゃんと日本語化されていますね。これは日本での発売もうんたらかんたら
 
でも、新しいプロジェクトの作成に進むと英語メニューに戻りました...あれ?

f:id:kazuakix:20141017233813j:plain,w500
 
とりあえず「Windows App Studio」というテンプレートを選んでそのまま完了してアプリを生成します。

f:id:kazuakix:20141017233820j:plain,w500
f:id:kazuakix:20141017233826j:plain,w500
 
アプリの生成が終わると証明書とアプリのパッケージのダウンロードリンクが QR コードで表示されます。また、ソースファイルをダウンロードすることもできます。

f:id:kazuakix:20141017233833j:plain,w500

これらの QR を実機で読めばすぐにインストールできるのですが、いろいろとアレなのでエミュレーターにデプロイしてみましょう。
 

エミュレーターにデプロイする

ダウンロードしたパッケージを配置ツールでデプロイしようとするとこんなエラーがで出てきます。

f:id:kazuakix:20141017233840j:plain,w360

エラー - このアプリケーションをインストールするには、Windows 開発者用ライセンスまたはサイドローディング対応システムが必要です。

 

証明書のインストール

エミュレーターを起動して、上記 QR のうち証明書の URL をブラウザに入力して証明書ファイルを開きます。 URL を開くとサインインを要求されるので App Studio で登録した Microsoft アカウントを入力します、

f:id:kazuakix:20141017233845j:plain,w360
 

アプリパッケージのインストール

同様にアプリの URL を調べてブラウザのアドレス欄に入力してファイルを開きます。

f:id:kazuakix:20141017233850j:plain,w360
 
インストールが終わるとブラウザの画面に戻るのでスタートボタンを押してプログラム一覧に進みます。(「タップして開く」という画面に騙されそうになりますが、押してももう一度アプリがインストールされるだけです。)

f:id:kazuakix:20141017233857j:plain,w360
 
一応、エミュレーターでアプリを実行することができました。

f:id:kazuakix:20141017233902j:plain,w360

でも、ソースファイルをダウンロードして Visual Studio からビルド・配置する方が楽ですね。せっかくなのでいろいろ手直しして自分だけのアプリを作ってみませんか?