kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Microsoft Teams 他が 1 年間試用できるようになるそうです

Teams のライセンスが無い場合...

 Office 365 Business など Teams のライセンスが無い人が Teams に接続しようとすると、サブスクリプションをアップグレードしてくださいというエラーが表示されます。

f:id:kazuakix:20180503175705p:plain

 6/1 以降、これらのユーザーが Teams に接続しようとすると、1 年間の試用版に申し込むことができるようになるそうです。

設定方法

 Office 365 管理センター で 設定 ー サービスとアドイン の ユーザーが所有するアプリとサービス を開きます。

f:id:kazuakix:20180503180450p:plain

 ユーザーが試用版アプリとサービスをインストールできるようにする を オン にすると、ユーザーごとに試用版を申し込めるようになります。というか、デフォルトでオンになっていました。試用版の申し込みをさせたくない場合は、設定を オフ にしておきましょう。

f:id:kazuakix:20180503180804p:plain

試用版で提供されるライセンス

 Microsoft Teams の他にも以下のライセンスが 1 年間試用の対象になるようです。

  • Exchange Foundation
  • Flow for Office 365 Plan 1
  • Microsoft Planner
  • Microsoft Teams (Teams1, Teams IW)
  • Office Online
  • PowerApps for Office 365 Plan 1
  • SharePoint Online Plan 1
  • Sway
  • Yammer Enterprise

 Exchange Foundation って何だろう? とか 特定のユーザーだけが試用をはじめたときに管理者センターがどうなるのか? など気になることも多いので、6 月になったら対象アカウントで試してみようと思います。

Windows Phone 向け Skype for Business / Microsoft Teams / Yammer アプリが終了するそうです

 Windows Phone 向けの Skype for Business / Microsoft Teams / Yammer アプリが 5/20 で終了するそうです。

https://support.microsoft.com/en-us/help/4134653/windows-phone-apps-for-skype-for-business-microsoft-teams-and-yammer-a
 
 Skype for Business と Yammer アプリは 5/20 以降も利用できるそうですが、新規にダウンロードすることはできません。今後も使いたい人は早めに端末を買ってアプリをインストールしておきましょう。

 Microsoft Teams については、接続時に接続もできなくなるそうです。ブラウザ経由での接続はできますが、iOS や Android のアプリを使うのが現実的でしょうね。

 iOS や Android にOffice , Edge, OneDrive などをインストールすることで、僕らが夢見た Windows Phone の世界は続いています。特に Android で Microsoft Launcher を使っていると (ついでに電話が NuAns NEO だったりすると) あまり違和感感じないのでおススメです。

f:id:kazuakix:20180422195514p:plain

多要素認証 (MFA) の Office 365 に PowerShell で接続する方法まとめ

 多要素認証 (MFA) を有効にしている Office 365 に PowerShell で接続するときについつい手順を忘れてしまうので、メモがわりにまとめてみました。

Office 365 に接続

 Microsoft Online Services サインイン アシスタントをインストールして、

Connect-MsolService

とするだけです。
アカウント名・パスワードで接続するよりもお手軽な感じすらありますね。

初回のみモジュールのインストールが必要になります。


Exchange Online に接続

 Exchange 管理センターの ハイブリッド > セットアップ を開いて、 Exchange Online PowerShell Module の 構成 をクリックします。

f:id:kazuakix:20180416214754p:plain

 Microsoft Exchange Online Powershell Module がインストールされるので、

Connect-EXOPSSession

とするだけです。こちらもお手軽ですね。
 

SharePoint Online に接続

 SharePoint Online Management Shell をインストールして、

Connect-SPOService -Url https://XXXXX-admin.sharepoint.com

とします。XXXXX の部分は契約しているテナントの ID になります。
 

Skype for Business に接続

 Skype for Business は、アカウント名・パスワードで接続しないといけないと思っていたのですが、いつの間にか多要素認証でも接続できるようになっていました。
 
 Windows PowerShell Module for Skype for Business Online をインストールして、

$session = New-CsOnlineSession -Username メールアドレス
Import-Pssession $session

とします。

 Import-Pssession しているので、操作を終わったら

Remove-Pssession $session

するのをお忘れなく。