kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Office 製品の翻訳にツッコミを入れる方法

 Tech Community で Word Online / OneNote Online の翻訳・UI にツッコミを入れて Amazon ギフト券をもらっちゃおうキャンペーンなるものが開催されています。

 期限は 11/24 までで、今回は Word Online, OneNote が対象のようです。
 
 日本語環境と英語環境のブラウザ (IE と Chtome など) を用意して、Office Online を開いて、各メニューの訳語が正しく表示されているかをチェックしていきます。

f:id:kazuakix:20171118174115p:plain:w600
 
f:id:kazuakix:20171118174139p:plain:w600

 シナリオは上記ブログ記事に書かれていますが、基本的にはリボンの各メニューと Word Online での共同編集、OneNote Online でのページコピー / 移動などが挙げられていました。一通り操作して気になる部分を見つけましょう。
 
 気になる部分があったら、Office International コミュニティの Competitions スペースに問題を書き込みます。書き込む内容は、

•Description of issue (問題の内容)
•Steps to reproduce your issue (問題の再現手順)
•Browser used (使用しているブラウザ)
•Current translation (表示されている訳語)
•Suggested translation (訳語の変更案)
•English text (if known) (わかれば元の英語表記)
•Reason why you feel it should change (変更した方がいいと思う理由)

などだそうです。他の人の書き込みを見ると、スクリーンショットと変更案を一言二言書いているだけで、長々とした理由はあまり書かれていませんでした。これなら気軽に書き込めそうですね。
 
 もちろん、他の Office 製品についても気になる訳語があれば、どんどんフィードバックしましょう。その場合は Report Translation Issues スペースになるのでご注意を。*1
 
 でも、Word Online / OneNote Online にも わかりにくい訳語ありますよね?

f:id:kazuakix:20171118180538p:plain:w320

「イマーシブ」とかカタカナで書かれても???なのですが・・・。この問題は既に提案されていましたので、みんなで Like 連打して応援しましょう。

*1:僕は逆に Word Online の問題を Report Translation Issues に書き込んじゃいました...

Office 365 ポータルが新しくなっていました

 少し前に発表された Office 365 ポータルの新デザインが適用されていました。

 スッキリしていてカッコいい感じです。

f:id:kazuakix:20171116212738p:plain:w500
 
 すべてのアプリを選ぶと、これまたカッコいいギャラリーページが出てきました。

f:id:kazuakix:20171116213337p:plain:w500

 アプリごとに簡単な説明と、詳細ページへのリンクがついています。なんやかんやでアプリ多いので、使いはじめたばかりの人は助かるんじゃないでしょうか。

f:id:kazuakix:20171116213407p:plain:w500
 

 ちょっと気に行ったのは、ドキュメント欄にある、「アップロードして開く」ボタン。
(前は無かったですよね?)

f:id:kazuakix:20171116213924p:plain:w500

 ローカルのファイルを指定すると、OneDrive for Business にアップロードして Office Online で開いてくれます。

f:id:kazuakix:20171116213935p:plain:w500

 アップロードされるのは OneDrive for Business のドキュメントのルートフォルダ固定のようですが、ついついローカルで作ってしまったファイルを手軽にアップロードするのに便利ですね。

Office 365 で共有メールボックスのフォルダ名が英語になってしまった場合の対処法

 Office 365 で共有メールボックスを作ったところ、「受信トレイ」が "Inbox" のような英語表示になっていました。

f:id:kazuakix:20171113190444p:plain
 

普通のメールボックスの場合は

 自分のメールボックスのフォルダ名は右上の歯車アイコンから メール - 全般 - 地域とタイムゾーンを開いて設定します。今回、ここはちゃんと日本語になっていました。

f:id:kazuakix:20171113190453p:plain

色々と言語設定を変更したりしているうちにおかしくなったのかもしれませんね...。
 

共有メールボックスの言語設定を直す

 共有メールボックスはライセンスを割り当てなくても使えるのが売り (?) なので、ログインして設定を直すことはできません。代わりに、共有メールボックスに割り当てられたユーザーでメールボックスを開きます。

 右上のアカウント名をクリックして、「他のメールボックスを開く」から作った共有メールボックスを開いてみます。使っているアカウントの地域が日本になっていれば、これだけでフォルダ名が日本語表記にかわります。

f:id:kazuakix:20171113190514p:plain

f:id:kazuakix:20171113190524p:plain
 
 もとの画面にもどってもちゃんと日本語になっていますね。

f:id:kazuakix:20171113190538p:plain