kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Office 365 ポータルが新しくなっていました

 少し前に発表された Office 365 ポータルの新デザインが適用されていました。

 スッキリしていてカッコいい感じです。

f:id:kazuakix:20171116212738p:plain:w500
 
 すべてのアプリを選ぶと、これまたカッコいいギャラリーページが出てきました。

f:id:kazuakix:20171116213337p:plain:w500

 アプリごとに簡単な説明と、詳細ページへのリンクがついています。なんやかんやでアプリ多いので、使いはじめたばかりの人は助かるんじゃないでしょうか。

f:id:kazuakix:20171116213407p:plain:w500
 

 ちょっと気に行ったのは、ドキュメント欄にある、「アップロードして開く」ボタン。
(前は無かったですよね?)

f:id:kazuakix:20171116213924p:plain:w500

 ローカルのファイルを指定すると、OneDrive for Business にアップロードして Office Online で開いてくれます。

f:id:kazuakix:20171116213935p:plain:w500

 アップロードされるのは OneDrive for Business のドキュメントのルートフォルダ固定のようですが、ついついローカルで作ってしまったファイルを手軽にアップロードするのに便利ですね。

Office 365 で共有メールボックスのフォルダ名が英語になってしまった場合の対処法

 Office 365 で共有メールボックスを作ったところ、「受信トレイ」が "Inbox" のような英語表示になっていました。

f:id:kazuakix:20171113190444p:plain
 

普通のメールボックスの場合は

 自分のメールボックスのフォルダ名は右上の歯車アイコンから メール - 全般 - 地域とタイムゾーンを開いて設定します。今回、ここはちゃんと日本語になっていました。

f:id:kazuakix:20171113190453p:plain

色々と言語設定を変更したりしているうちにおかしくなったのかもしれませんね...。
 

共有メールボックスの言語設定を直す

 共有メールボックスはライセンスを割り当てなくても使えるのが売り (?) なので、ログインして設定を直すことはできません。代わりに、共有メールボックスに割り当てられたユーザーでメールボックスを開きます。

 右上のアカウント名をクリックして、「他のメールボックスを開く」から作った共有メールボックスを開いてみます。使っているアカウントの地域が日本になっていれば、これだけでフォルダ名が日本語表記にかわります。

f:id:kazuakix:20171113190514p:plain

f:id:kazuakix:20171113190524p:plain
 
 もとの画面にもどってもちゃんと日本語になっていますね。

f:id:kazuakix:20171113190538p:plain

Microsoft 365 Business が発売されていました

 Microsoft 365 Business が発売されていました。
既に Office 365 の管理ページからもサブスクリプションを購入することができるようですね。

f:id:kazuakix:20171101223759p:plain

 Office 365 Business Premium (1,360 円/月) + Enterprise Mobility + Security (950 円/月) + Windows 10 Pro (へのアップグレードライセンス) をあわせて 2,180 円/月 なので、別々に買うよりはちょっとお得、まだ Windows 10 を導入していないのであれば、それなりにお得という価格設定のようです。
 
 Enterprise Mobility + Security (EMS) が含まれているので Azure RMS によるドキュメントの暗号化などもおこなえます。また、Windows 10 Pro などのデバイスの集中管理もできるので中小企業や一般のご家庭のセキュリティ対策としてかなり強力なのではないでしょうか?
 
 また、Office 365 Business 特有の機能として、電子メールマーケティングのための Microsoft Connections 、Facebook, Google, Bing などへのビジネス情報の公開のための Microsoft Listings 、請求書作成・オンライン回収のための Microsoft Invoicing など多彩なアプリも使えるようになるはずです(現状は一部地域のみ)
 
 その他の情報は以下の FAQ を確認してみてください。