kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Office 365 Business で Access を使う

先月発表されていた内容ですが、Office 365 Business でも Access が使えるようになりました。

12 月から 1 月に配信という事だったのですが、Current Channel (毎月更新) なうちのテナントにも更新が降ってきていました。

f:id:kazuakix:20161223115100p:plain,w400

更新するとバージョンが 1611 (ビルド 7571.2075) になり、含まれているアプリにさりげなく Access が追加されます。

f:id:kazuakix:20161223115109p:plain,w400

結構なビッグニュースだと思うのですが「 Access が使えるようになりました!」的なアピールは一切ありません。何も知らずに更新したらスタートメニューの「最近追加されたもの」でようやく気付けるようなレベルです。

f:id:kazuakix:20161223115120p:plain,w280
 
管理者側での設定も特に必要なく、黙っていれば全員 Access が利用可能になる感じですが、逆に敢えて Access を使わせたくないという場合は Office 展開ツールで除外する必要があります。

これまで個人向の Office 365 Solo には Access が含まれているのに、中堅企業向けの Business にはなぜか Access が無いという不思議な状況だったのですが、これで割と対等な感じになりましたね。
利用台数も Solo の 2 デバイスに対して Business だと 5 デバイスまで利用できるのでかなり有力な選択肢になるのではないでしょうか。

Windowd 10 Mobile の Skype で SMS を同期させる

Skype プレビューの新機能

先日、Windows 10 の Skype プレビューに更新が来ていました。

Windows 10 の Skype プレビューの新機能は?
f:id:kazuakix:20161217152811p:plain,w500

一瞬、何を言っているのがわからない感じですが、原文ではこうなっています。

SMS relay for Windows mobile - send and receive SMS and MMS messages directly from a Windows 10 PC when Skype for Windows 10 mobile is set as the default messaging app.
(Windows Mobile 向け SMS 中継 - Windows 10 Mobile で Skyoe が既定のメッセージングアプリになっていれば Windows 10 PC から直接 SMS/MMS の送受信ができます)

これはなかなか便利そうですね。早速設定してみましょう。
 

Windows 10 Mobile 側の設定

Skype プレビューの設定を開いて「既定の SMS アプリケーションを変更」します。

f:id:kazuakix:20161217152830p:plain,w500
f:id:kazuakix:20161217152835p:plain,w500

ちなみに、この変更は Windows 10 Mobile の設定 - システム - メッセージング でいつでも戻すことができます。

f:id:kazuakix:20161217152841p:plain,w500
 

Windows 10 PC 側の設定

PC でも同じように Skype プレビューの設定を開きます。

SMS の同期を有効にすると認証コードが表示されます。

f:id:kazuakix:20161217152846p:plain,w500
 

デバイスを認証する

Windows 10 Mobile に戻ると リクエストが届いるので、PC に表示されていた認証コードを入力して PC と接続します。

f:id:kazuakix:20161217152854p:plain,w500

f:id:kazuakix:20161217152903p:plain,w500

f:id:kazuakix:20161217152909p:plain,w500
 

SMS を送受信してみる

この状態で Windows 10 Mobile に SMS が届くと PC にも通知が届くようになりました。

f:id:kazuakix:20161217155442p:plain,w500

このとき Windows Phone が同じ Wi-Fi に繋がっている必要があるということもありません。家に電話を忘れたまま外出しても SMS の送受信はできるという事ですね。

これまでも、Cortana を経由することで SMS の着信とそれに対する返信だけはできていたのですが、Skype を経由することでより便利になっています。

まず、Skype でメッセージを送信するときに Skype 経由か SMS 経由かを選べるようになります。もちろん PC から SMS を送ることもできます。

f:id:kazuakix:20161217152913p:plain,w500
f:id:kazuakix:20161217152919p:plain,w500

そして、送受信した SMS は PC / Mobile の両方で確認することができます。これはなかなか便利ですね。

f:id:kazuakix:20161217152926p:plain,w500
 
実は個人の携帯ではそれほど SMS を多用しているわけではないのですが、このように Windows Phone と PC の連携が進んでいるのは嬉しいです。今後は mac と iPhone のように電話の着信も受けられるようになるといいですね。

君は Windows 10 Mobile Enterprise を見たことがあるか?

これは Windows 10 Mobile / Windows Phone Advent Calendar 2016 6 日目の記事です。

Windows 10 Mobile の 2 つのエディション

皆さんは Windows 10 Mobile に 2 つのエディションがあることをご存じでしょうか?
(あるいは覚えていますでしょうか?)

Windows Blog の Windows 10 の各種エディションの紹介という記事ではそれぞれ以下のように紹介されていました。

Windows 10 Mobile: スマートフォンや小型タブレットなど、タッチ操作を中心とした小型モバイル デバイスのユーザー エクスペリエンスに最適化された設計となっています。Windows 10 Home と同一の新しいユニバーサル Windows アプリや、タッチ操作に最適化されたバージョンの Office などを利用できます。Windows 10 Mobile では、個人用デバイスを業務で使用するユーザーに向けて、高度な生産性機能、セキュリティ機能、管理機能を提供します。また、新たに一部のデバイスでスマートフォン向け Continuum (英語) を活用することで、大画面モニターに接続されている PC と同じようにスマートフォンを使用できます。

Windows 10 Mobile Enterprise: スマートフォンや小型タブレットなどのエクスペリエンスに最適化されたビジネス ユーザー向けの設計となっていて、ボリューム ライセンスを購入されたお客様に提供されます。このエディションでは Windows 10 Mobile で実現されている生産性機能、セキュリティ機能、モバイル デバイス管理機能を使用可能なほか、更新の管理を柔軟に実施できるようになっています。さらに、Windows 10 Mobile Enterprise では、最新のセキュリティ更新プログラムや最新機能を提供開始後すぐに適用できます。

ボリュームライセンスで購入する必要がある *1 他、追加される機能が企業向け (当たり前) なのであまりなじみは無いですよね。

そんな Windows 10 Mobile Enterprise ですが、実は MSDN サブスクリプションで公開されていて、実際に試してみる事ができます。

f:id:kazuakix:20161205225454p:plain,w600

この ISO をダウンロードすると中には XML ファイルが 1 つだけ入っています。

f:id:kazuakix:20161205225904p:plain,w397

このファイルを使って お手元の Windows 10 Mobile を Enterprise エディションにしてみましょう。

Windows 10 Mobile Enterprise へのアップデート

Windows 10 Mobile Enterprise へのアップデートには Windows ADK が必要になります。 MADOSMA や NuAns NEO のアップデート等でお世話になった人も多いのではないでしょうか?

プロビジョニングパッケージの作成

Windows ADK をインストールして Windows イメージングおよび構成デザイナー を起動します。

f:id:kazuakix:20161205231450p:plain,w600

新しいプロビジョニングパッケージを作成し、適当なプロジェクト名をつけます。

f:id:kazuakix:20161205231616p:plain,w400

プロジェクト ワークフローは プロビジョニングパッケージ を指定。

f:id:kazuakix:20161205231815p:plain,w400

表示は Windows Mobile を指定します。

f:id:kazuakix:20161205231835p:plain,w400

オプションは空白のまま続行。

f:id:kazuakix:20161205231855p:plain,w400
 
プロジェクトができたら左欄 実行時の構成から EditionUpgrade - UpgradeEditionWithLicense を選んで、画面中央上段の参照ボタンで最初にダウンロードした XML ファイルを指定します。

f:id:kazuakix:20161205232057p:plain,w600

続けてメニューバーの エクスポート から プロビジョニングパッケージ を選択。

所有者だけ IT 管理者 として後はすべてデフォルトにしてみました。

f:id:kazuakix:20161205232708p:plain,w400

f:id:kazuakix:20161205232734p:plain,w400

f:id:kazuakix:20161205232747p:plain,w400

最後に ビルド をクリックして プロビジョニングパッケージを作成します。

f:id:kazuakix:20161205232848p:plain,w400

f:id:kazuakix:20161205232859p:plain,w400
 
こうして完成したパッケージがこちら。

f:id:kazuakix:20161205232947p:plain,w400
 

実機への適用

企業であれば MDM などで配布するんでしょうけど、お手軽に試すときは電話を USB 接続してプロビジョニングパッケージの中にある プロジェクト名.ppkg というファイルを適当な場所にコピーします。

f:id:kazuakix:20161205233246p:plain,w320

「はい、追加する」を選ぶと特にメッセージも出ずにすぐに適用が終わりました。
 
バージョン情報を見ると無事に Enterprise エディションに上がっていますね。

f:id:kazuakix:20161205233312p:plain,w600
 
実際のところ、個人利用の用事はほとんどないので、お勤めの企業等で Windows Phone の大量導入を検討する場合に備えて記憶の片隅にでも置いておいてください。
 

以上、Windows 10 Mobile / Windows Phone Advent Calendar 2016 6 日目の記事でした。明日はネタ被りを心配していた のぶクマ (id:kumar) さんです。こんなので大丈夫でしたでしょうか?

*1:と言っても最低購入本数は 3 本からなので皆さんの保有台数からすれば問題になりませんね