kazuakix の日記

Windows Phone とか好きです

Office 365 Enterprise プランでも Bookings を使いたい

 最近、Office 365 / Microsoft 365 で Enterprise (E3/E5) プランにないけれど、Business プランに含まれている機能がいくつか出てきています。

 例えば、Microsoft Connections, Microsoft Listings, Microsoft InvoicingMicrosoft Bookings などは Business プラン向けという事になっています。

 上位のはずの Enterprise で Business のアプリが使えないなんて...と思っていたところ、「普通にサービス追加できるよ」という話を聞きました。管理センターから 課金情報 - サービスを追加する を開いて、画面を下の方までスクロールすると、Business Apps (free) という項目がありした。

f:id:kazuakix:20171120221254p:plain

 説明は見切れていますが、"Includes Microsoft Bookings – business apps from Office 365 that’ll help you run and grow your business. Now available in a free add-on SKU for Office 365 Enterprise E3 and E5 users. " との事です。Bookins 以外は日本では提供されていないので、含まれてないようですね。
 
 今すぐ購入 を押して先に進みます。金額は 0 円で何ライセンスでも追加できそうでしたが、遠慮深く 1 ライセンスにしてみました。確認画面で月払い・年払いや支払い方法を指定しますが、気にせず進みます。

f:id:kazuakix:20171120221310p:plain
 
 注文後、ライセンスの一覧に Business Apps (free) が表示されるので、割り当てをおこないます。

f:id:kazuakix:20171120221324p:plain

 これで、すべてのアプリに Bookins が表示されるようになりました。

f:id:kazuakix:20171120221335p:plain

OneDrive for Business でファイルオンデマンドを有効にする

 今更ですが、 Windows 10 Fall Creators Update からの新機能である OneDrive ファイルオンデマンドを試してみました。

 新しくセットアップしたマシンで OneDrive アプリにアカウントを追加します。

f:id:kazuakix:20171118195640p:plain:w320
 
 Office 365 アカウントでサインインして、同期するフォルダ (= 表示するフォルダ ) を選択します。

f:id:kazuakix:20171118195838p:plain:w320
 
 簡単にセットアップが完了するのですが、このままでは、これまでと同じようにガンガン同期してしまいます。(実際にしていました)

f:id:kazuakix:20171118195900p:plain:w320

f:id:kazuakix:20171118200502p:plain:w500
 
 システムトレイの青い雲アイコン (白は一般の OneDrive ですね) を右クリック - 設定 を開いて、設定タブの 容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード にチェックを入れます。(以前から同期の設定をしていた PC でもチェックは外れていました)

f:id:kazuakix:20171118200516p:plain:w320

f:id:kazuakix:20171118200603p:plain:w320
 
 ようやく、エクスプローラーの表示に状態欄が増えて、雲のアイコンが表示されました。

f:id:kazuakix:20171118200614p:plain:w500

 同期しすぎたファイルは、エクスプローラーでフォルダを右クリックして 空き容量を増やす を選ぶことで、PC から削除することができます。

f:id:kazuakix:20171118200626p:plain:w320

 これで容量を気にせずにファイルを置いていくことができますね。

Office 製品の翻訳にツッコミを入れる方法

 Tech Community で Word Online / OneNote Online の翻訳・UI にツッコミを入れて Amazon ギフト券をもらっちゃおうキャンペーンなるものが開催されています。

 期限は 11/24 までで、今回は Word Online, OneNote が対象のようです。
 
 日本語環境と英語環境のブラウザ (IE と Chtome など) を用意して、Office Online を開いて、各メニューの訳語が正しく表示されているかをチェックしていきます。

f:id:kazuakix:20171118174115p:plain:w600
 
f:id:kazuakix:20171118174139p:plain:w600

 シナリオは上記ブログ記事に書かれていますが、基本的にはリボンの各メニューと Word Online での共同編集、OneNote Online でのページコピー / 移動などが挙げられていました。一通り操作して気になる部分を見つけましょう。
 
 気になる部分があったら、Office International コミュニティの Competitions スペースに問題を書き込みます。書き込む内容は、

•Description of issue (問題の内容)
•Steps to reproduce your issue (問題の再現手順)
•Browser used (使用しているブラウザ)
•Current translation (表示されている訳語)
•Suggested translation (訳語の変更案)
•English text (if known) (わかれば元の英語表記)
•Reason why you feel it should change (変更した方がいいと思う理由)

などだそうです。他の人の書き込みを見ると、スクリーンショットと変更案を一言二言書いているだけで、長々とした理由はあまり書かれていませんでした。これなら気軽に書き込めそうですね。
 
 もちろん、他の Office 製品についても気になる訳語があれば、どんどんフィードバックしましょう。その場合は Report Translation Issues スペースになるのでご注意を。*1
 
 でも、Word Online / OneNote Online にも わかりにくい訳語ありますよね?

f:id:kazuakix:20171118180538p:plain:w320

「イマーシブ」とかカタカナで書かれても???なのですが・・・。この問題は既に提案されていましたので、みんなで Like 連打して応援しましょう。

*1:僕は逆に Word Online の問題を Report Translation Issues に書き込んじゃいました...